こんにちは

今回は私が不労所得の仕組みとして使っているFX証券会社のFXSUITのお知らせがあります。

FXSUITのHPが更新されておりトップページにも記載がありますので是非確認してみてください。

内容は、WikiFX主催のアジアワールドエキスポに2回目の出展が決まりました!

2つ前のホーチミンで行われたWiki Finance EXPO HCMC Spring 2020に続く2回目の出展となります。

WikiFXのスポンサーとして2回目の出展ができるということはWikiから信頼を得ているということに繋がります。

開催場所は香港で今年の12月11日~12日にかけて開催されます。

FXSUIT公式サイト、WikiFX公式サイトで確認してみてください。

ここからは、私が運用している不労所得の仕組みを紹介いたします。

私は上記で紹介したFXSUITのスワップトレードで毎月安定した収益を上げています。

その手法は「さんすくみ」といって、3通貨ペアを用いて行う手法になります。

ドル・円・ユーロをそれぞれ両建てする形でポジションを取ることによってスワップポイントのみを獲得することができます。

ポジションを保持するだけなので時間にとらわれることなく、簡単に運用することができます。

2万円から始められるのでスワップ運用が初めての方にもおススメで、安定性が高い為、多くの資産をお持ちの方にもおススメの手法になります。

口座開設も5分ほどで開設することが可能なので是非FXSUITで「さんすくみ」を運用してみてはいかがでしょうか。