勤労所得、一般的な会社員の給料として貰える金額には、理不尽な区別が関係しています。

年齢、世代、性別、人種、身分、学歴、職歴、雇用形態などの違いにより、貰える給料は大きく変動します。

この中で努力次第でなんとかなるであろうものは、学歴、職歴、雇用形態などでしょうか。

年齢も、ある意味では誰しも平等に歳を重ねるものです。

早いうちにその「誰もが平等に年齢を重ねる」という事実に気付いておけば、それなりの対策が取れます。(年齢制限のある職種に入るために、数年前から努力する、など。)

本人の努力でどうしようもないのは、世代、性別、人種などです。

バブル期世代と氷河期世代の格差は深刻だし、男性と女性との生涯年収の格差もまだまだ埋まっているとは言いがたいものです。

日本ではあまり馴染みがありませんが、人種や身分制度による格差なども、世界には確固として存在します。

これらの絶対に越えることのできない壁によって、勤労所得は大きく左右されてしまうのです。

これらはやはり、理不尽であるとしか言いようがありません。

不労所得は勤労所得と違い、年齢や性別は関係ありません。

仕組みを構築してしまえば誰でも収益をあげられるのが不労所得です。

僕が運用している不労所得の仕組みはFXSUITの「さんすくみ」というFXのスワップポイントを用いた手法になります。

この手法はスマホと2万円があれば行える手法で誰でも簡単に行うことができます。

放置するだけで月利15%を安定して獲得することができるので、資産運用・不労所得未経験者の方におすすめの手法となります。