スキャルピングのような高速な回転売買を行っていくのであれば、売りと買いの双方で高いレバレッジを使い、大きな収益を上げることが重要な戦略となります。
ロングアンドショート戦略を用いて上手く回転売買をすることで、より資金効率良く収益を積み上げていくことができます。
マクロ経済的なファンダメンタル分析とは異なる手法ですので、テクニカル分析が中心となります。
また、スキャルピングの際に注意しなければならないのは、翌日まで自分のポジションを持ち越すのではなく短時間で上手くきちんと処分をすることです。
翌日の日中、自分がFX取引ができない時間帯に大きな価格変動があるような場合、大きな損害が発生する可能性もありますので、その点に関しては十分に注意を払わなければなりません。

ここからは私が行っているトレード手法をご紹介します。
私が行っているのはスワップポイントを用いた手法になります。
月利15%を安定して稼ぐことができるため今FX界で話題となっております。
FX未経験者でも分かりやすい手法になりますので資産運用のひとつとして是非導入してみてはいかがでしょうか。