こんにちは!ナガレです。春の足音聞こえてきましたね。 コロナウイルスが落ち着けばいいですね。   皆さん海外FXでの「ABOOK」「BBOOK」を聞いたことありますか? これは簡単に説明します。 「ABOOK」は、投資家が注文を出したら、インターバンク市場に注文を流すだけで、基本的な収入形態は注文を提示するときの手数料だけ。 手数料だけで収入をとってので、のみ行為などの悪質な操作をされる危険もなく、透明性の高いところがメリットと言えます。 「BBOOK」は、実際にインターバンク市場に流さずに取引することになります。 会社内での取引をしたように見せる事ができます。 投資家が負けるとFX業者の利益になり、投資家が勝つとFX業者の損失になってしまうため、利益相反と言われています。 凄いお得に見える、ボーナスや高レバレッジを売りに顧客を集めてスプレット操作などで、顧客に損をさせることもさじ加減でできます。 皆さんは、「ABOOK」「BBOOK」どちらがいいと思いますか? 同じ、トレードなら「ABOOK」の方が透明性があり、FX業者のさじ加減で負けるような操作も出来ないのですから、「ABOOK」の方が良くないでしょうか? 実際、「BBOOK」なのに「ABOOK」と、うたい顧客を集めている海外業者も多いです。 僕の勧めているFXSUITは、「ABOOK」なのですが、もちろん「BBOOK」なのに「ABOOK」と言ってる業者かも知れません。 と、薄々思っていたのですが、先日「この会社は「ABOOK」だな」と確信持てる出来事がありました。 コロナウィルスの影響で夕方ロンドンスタートの時、注文が殺到して、バグの様なロスカットが起こりました。 「BBOOK」の会社の場合、故意的にやっている可能性と、もし本当にバグでも、返金などしません。 会社の利益が減るんですから。 FXSUITは調査し、その時間に起こった物は補填するとしたのです。 これは「ABOOK」で無いとできません。 しかも、バグで宙に浮いたお金をFXSUITも放置するのは、帳簿的にも困るはずです。 サポートエージェント twitterメッセンジャー 該当する人大勢の人が補填されました。 同じお金を預けるなら、透明性のある信頼出来る会社がいいですね。 透明性のあるFXSUITでの資産運用